FC2ブログ

プロフィール

なんちゃん

Author:なんちゃん
一人でも多くの人が詐欺商材にだまされないよう情報商材の裏情報や問題点を暴露!
そして、成功に役立つ情報を公開していきます!!

ブログランキング参加中!!



応援クリック
よろしくお願いします!

最新記事

カレンダー

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウント

Twitter

 

置き手紙♪



ご訪問ありがとうございます!

blogramによるブログ分析


RSS

023 成功しない人の3つの特質 その1~既にオート化している逃避質問~

こんばんは(^O^)

当ブログにご訪問頂き、ありがとうございます!

このサイトを活用して成功者の質を身につけよう!

キーワードは「分かってなお反復」!

このおすすめ記事を繰り返し読み込んでください。

そうすることで今まで見えなかったことが見えてきますよ♪




詐欺商材撲滅のために応援クリックお願いします!

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:



023 成功しない人の3つの特質 その1~既にオート化している逃避質問~


成功する人の3つの特質が理解出来たら、

成功しない人の特質は

その逆なので理解はとても簡単です。

それらの特質が「まだ」無い

と言う事だけではないのです。


今まで、人の認識には

4段階のレベル
が有ると学んで来ました。
 
学んだ知識や概念が3段階まででは

アイディアの源泉とはならず、

願望や質問も自動化しません。

第4段階にまで完全昇華されてこそ、

それはオートパイロット機能として働き始めるのです。

そしてそれには、

「同類親和の法則」
が働き始めます。



また、知ると知らないとに拘わらず、

繰り返される事は良かれ悪しかれ

落とし込まれるとも知りました。




結果から申し上げますと、

私たちは、成功の要素を退ける

何気ない心遣い
に拠って、

一人平均200~300個

「成功や幸せのブロック」と成るモノを

落とし込んでしまっています。

何かが核となって、

知らない内にそれに同類親和の法則が働き、

気付かないままこんなにも

ブロックをたくさん増やしてしまっていたのです。

その核となってしまったものは3つです。






その第一が「逃避方向を向いている質問」です。

多少前向きに生きている人と言えども、

殆どの人はそれが第四段階に

既に完全に落としこまれているのです。

その程度はその人の形成している

カンファトゾーン

(comfort zone居心地良しとしている範囲)

リミティングビリーフによります。
(自分の信じる限界点)



難しい事は後回しにして、

ここでは簡単な事から理解する様に勉めましょう。






多くの人は、何か大きな事にチャレンジする事に対して、

そう考える以前に内からブレーキが掛かります。

そう考える以前とは、

もう既に、事前にと言う事であり、

大きな夢など考えない様にしてしまうのです。

また、良い事だ・すべき事だと理解した事にも、

先延ばししたりして、行動が起こせません。

誰でも、そこが問題だと、分っちゃいるのです。



何故、殆どの人が

こう言うパターンから抜け出せないのでしょうか?

パブロフの犬の様に何かが条件反射として

すっかり根付いてしまっています。

それを見破りましょう!

そして、理解出来たらそれでいいのか考えましょう。






私たちの無自覚な条件付け

・・・その「理」を理解するには、観察力

・・・結果から原因を探る洞察力です。

私たちは今、ある程度の

潜在意識のメカニズムを理解して来ました。

その学んで来た法則から、

思考や言動の流れを無意識まで含めて推測すると、

見えなかった部分が見えて来るのです。

例えば小学校の時の

「5+○=8 ならば、○は幾つでしょう?」

という具合です。

「立ち向かうべき何か

或いはやったら必ず良くなる事」

という結果に対して、

それが出来ないと言う事は、

それを差し止めるモノが無意識で働いていると言う事です。





上記例えの「○」の部分です。

答えから申し上げますと、

「立ち向かうべき何か・

或いはやったら必ず良くなる事」


「止めろ」と言う命令が働いているのです。

潜在意識は読んで字の如く潜在していますから、

意識したり知覚したりは出来ません。


しかし、潜在意識は実にメカニカルなので

とっている行動から断定的な推察が出来ます。

そして潜在意識は、

アタマ(顕在意識)での知覚力より、


30~50倍の力を持っています。



アタマで「こうすべきだ」と考えても、

無意識が30~50倍の力で「止めろ」と

ストップを掛けていたとしたら如何でしょう?


しかも潜在意識は、それに対して

「飽きが来る様に・

関心が薄れる様に・

他の事が気になる様に」


と感情や気分を操って仕向けてくるのです。

それ自体、これまた30~50倍の力

・・・意志の力では敵う訳がないですね。

アタマの顕在意識の側としては、

「何故出来ないのか・

何故行動に移せないのか」
分らないまま、

そしてそれ自体を時間の経過でチャンスを逃し、

すべき価値を失わさせるのです。

大変困った事ですが、

どんな命令がイメージ的に

第4段階に根付いてしまったのでしょう?





このイメージ的結論を、

とっている態度・行動・想念から

推測して言語化してみましょう。

「それから逃げ出せ。」

「チャレンジはシンドイ。」

「責任を引き受けなければ成らなくなる、

責任を引き受けるのは嫌だ。」etc.






これらの「感じ方」は幼少時に、

今の「競争と結果だけを問われる」

教育システム
の中で、

刷り込まれすっかり条件付けられてしまったのです!

併せて、誰も完全にはこなせない

過剰なカリキュラムに晒される事で、

知識が第3段階でストップする様にも

条件付けられてしまいました。

洗脳とは、カルトなどの他人事だと思っていましたが、

人事では無かったのです。


これは人をロボット化し、

「自ら独立して思索出来る能力」

失わさせる立派な洗脳です。

勉強が出来たら出来たで、

不平だらけでも上からの命令には

従順な優秀エンプロイーになるだけです。

パブロフの犬を犬の事として笑ってられませんよ。






パブロフの犬とは・・・

パブロフ博士が犬に餌をやる時

必ずベルを鳴らしていたら、ベルを鳴らすだけで

犬はよだれを垂らす様になったというお話です。

それを条件反射と言います。

一種の洗脳です。


大人や教師は良かれと思って課題を与える訳ですが、

子供がそれを如何捉え、

どんな感じ方が第4段階に形成されるか、

とまでは誰も考えていません。

一部の勝利を得る子供は得意になれますが、

その他大勢は敗北感を植え付けられます。

「やだなー」と感じた事を言語化してみると、

それは「それから逃げ出したい」です。

「やだなー」と感じると、

潜在意識には「それから逃げ出せ」

翻訳されたメッセージとして受け取られる訳です。

しかし大人や教師には強制力が有りますから、

子供は従わざるを得ません。

大人や教師は、子供の為と思って、

嫌々でもチャレンジさせます。

子供に何故それが必要なのか、

子供自身の納得と得心が無いままに
です。







ここが問題なのです。

それは潜在意識に何を引き起こしているのでしょう?

そうです!

「チャレンジはシンドイ、責任も嫌だ、

こんなのやめたい、これから逃げ出したい!」


それは幼少時から、何千回何万回と繰り返されました。

試験や夏休みの宿題が嬉しかった人がどれだけいます?

そして、そのパターンがすっかり第4段階に落とし込まれて、

今では完全に自動化してしまいました。

チャレンジすべき事を認識した途端、

頭で考える遙か以前の無意識で

質問が発せられる様になったのです。

「それから逃げ出すには如何したらいいか?」

そのバックには全く認識間違いの

「チャレンジはシンドイ・責任が生じるぞ」という

強迫観念もうっすら感じています。






潜在意識は損得で判断が出来ない

と言う原則を思い出して下さい。

成人した今

「それから逃げ出すには如何したらいいか?」


アタマで一々思考したりはしませんが、

既にそれはその方向での

オートパイロット機能として働いているので、

自動的にその答えを見つけ出してきます。

「出来ない理由」がどんどん言い訳として

勝手に湧いて来るのです。

それが幼少期に刷り込まれてしまった

条件反射に成っているのです。

深く考えなくても、潜在意識が自動的に働いて、

今までの記憶の中を総ざらえして、

さっさと答えの方から見つけて来てくれるのです。


それはそういう答えが出る様な質問を

第4段階に落とし込んでしまっている結果なのです。





こんなの「へえーっ、便利ですね~!」と言えますか?

04の質問の処で述べた様に、良い話を聞いた後

「でも~・だけど~・しかし~」

という癖のある方は、要注意です。

逃避質問が既にオートパイロット化している自分に気付き、

それを断ち切る為に立ち向かう質問を発する様にしましょう。



質問は心のハンドルであり、

その操縦を間違えなければ

貴方は立ち向かう質問を操って

何処までも強くなれます。


「2つの質問を必ずセットで使う」事が大切でしたね。

それは何でした?


*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:


最後まで読んでいただきありがとうございます!

このおすすめ記事では、成功する為に役立つ

様々な概念・法則・原則などを伝えています。

一つ一つの記事をしっかりと繰り返し読み込んでください!

理解し、自分に身に付くまでね♪

繰り返す度にあなたの中で概念などの理解が深まっていくと思います。

その蓄積が、あなたの一生の宝となるでしょう!


キーワードは「分かってなお反復」です!



この記事を繰り返し読み込むことは、

成功へのエクササイズの一つ


そして、あなたの人生を花開かせる大きな力となります!!


さぁ、私と一緒に顔晴って学んで行きましょう!

成功

なんちゃんでした(。・ ω<)ゞ



詐欺商材撲滅のために応援クリックお願いします!



*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:

おすすめ記事一覧はこちら
 ⇒なんちゃんのおすすめ記事


おすすめ記事を最初から読む
 ⇒
01 知っていますか?誰も語らなかった成功する人の質 その1

前回の記事を読む♪
 
022 成功する人の3つの特質
の記事を読む♪
 ⇒
024 成功しない人の3つの特質 その2~保留癖~


スポンサーサイト



コメント
▼このエントリーにコメントを残す