FC2ブログ

プロフィール

なんちゃん

Author:なんちゃん
一人でも多くの人が詐欺商材にだまされないよう情報商材の裏情報や問題点を暴露!
そして、成功に役立つ情報を公開していきます!!

ブログランキング参加中!!



応援クリック
よろしくお願いします!

最新記事

カレンダー

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウント

Twitter

 

置き手紙♪



ご訪問ありがとうございます!

blogramによるブログ分析


RSS

108 マスターの音声解説 第七弾! 「自分が変わる」

こんばんは(^O^) 

当ブログにご訪問頂き、ありがとうございます! 

当サイトを活用して成功者の質を身につけよう! 

キーワードは分かってなお反復です! 

このおすすめ記事を何度も繰り返し読み込んでください。

そうすることで今まで見えなかったことが見えてきますよ♪




前回の記事はこちら
 ⇒
107 マスターの音声解説第六弾! 「心の冷蔵庫」

おすすめ記事一覧はこちらから♪
 【まとめ】おすすめ記事(一覧)総合ページ!



   
人気ブログランキングへ

応援クリックよろしくお願いします!


*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。+☆+。゚


108 マスターの音声解説 第七弾! 「自分が変わる」


038055 ・080093106107に続き、

本来、有償なのですが、特別無料公開いたします。

これは後に
ポーラスター・プログラム

シリーズとして編集された第七回目の講義です。

このシリーズは、現在は100回を超えています。


※ソースが2台のテレコ録音の為、途中と最後に音質変化があります。 
 


「潜在能力感知開発トレーニングへの招待 特別編」
平成16年5月25日収録 
 

S1-07 自分が変わる1 [2h04m33s 20Kbps 22.05KHz].wma

S1-07 自分が変わる2 [2h04m33s 20Kbps 22.05KHz].wma

     ダウンロードはこちら
         ↓  ↓  ↓
【無料プレゼント】自分が変わる




参考テキストはこちら

自分が変わる - 「人の振り見て我が振り直す」の意 - 


般若心経の般若波羅密多とは「智慧の完成」の意。
 智慧とは、宇宙より湧き出る叡智・インスピレーション。
  叡智・・・物事の本質を見通す、深く優れた知性。
 それは宇宙的見地から見て建設的か破壊的かを、その本質から判断出来る能力の完成。
 苦や楽という物事の起こり来る因果を見通す意識の光、心眼の開闢。
 一切の顛倒夢想から遠く離れるなら究まる処の心境は涅槃(苦の生起しない境地)。
 心眼を拓かないと、幸せ回避症(顛倒夢想)に罹っている事自体に気付けない。

それは、動物プログラムから人間プログラムへの意識変容(成長・意識進化)。
 動物の苦楽(物理次元のみ)と人間の苦楽(物理次元+精神次元)の違い。
 宇宙や物理次元に秩序が在る様に、心にも法則性が在る。
 そして、物理次元と精神次元は、苦楽を引き寄せる法則性が逆さまに働いている。
 動物PGは、物理次元の法則のみが(意識次元に於ても)判断基準である。
  (起こり来る苦から逃げ出したい・楽は貪りたいという感じ方)
 無知・未熟な心が、それを物理次元とは逆さまに働く意識次元に持ち込んでしまう。
 故に、欲しいモノ(幸せ)を退け、欲しくないモノ(不幸)を引き寄せる事になる。
 人間PGとは、意識次元が逆さまに働く性質である事を悟って判断出来る真の知性。
  (意識次元から起こり来る苦には立ち向かいたい・楽は準備して待つという感じ方)
 動物レベルの人間から、生命の目的たる本来の人間レベルの人間に成る事が重要。

自分の心のベクトルは、何処を向いているか・・・感じ方の違いを知る。
 動物PGで起動している人は、分離側の感じ方が好き。
  (統合側の感じ方が嫌い。それは損する様に感じる)・・・これが顛倒夢想。
 人間PGが発動した人は、統合側の感じ方が好き。
  (分離側の感じ方が嫌い。それは損する事を本当に知っている。)
 自分自身の在り方の真実が、認められるだろうか。(統合分離表を参照。)
 それを知ったら、今後如何在りたいか。(ハートの声は何と言っているだろうか。)
 その為には如何するか。
 心的態度が分離側を向いている人は、これを意志の力でやろうと考えるから失敗する。
 潜在意識の性質を知る事だ。
 そして、その性質に沿って手なずける事を知ったら、自己改造・意識改革は実に簡単。

人間である自分を思うがままに制御出来る真のスキルを確立してこそ、人間がやれる。

 普通人は、このスキルを確立する術も考えも持たないので人生が思い通りに拓けない。
 意識次元で、良いと信じて逆さまの判断ばかり蓄積し続けるからだ。
 幸せに成ろうとして分離側の感じ方に固執し、年を重ねる毎に益々その度合いを増す。
 そうすると智慧の扉は益々固く閉ざされる様になり、愈々(イヨイヨ)真実が届かなくなる。
  ここでの真実とは自分の人生を幸せに切り開くチャンス。
  分離側の意識は真実・本当の事が、それが深くなるほど明らかにされるのが嫌い。
 希望や夢の実現なんて、夢のまた夢。
 そして、嫌な事・不本意な事の後始末にばかり追われる後始末人生になる。
 何故、そんな事に成ったのかさえ(分離側に在っては全く)分からない。
 幸せに成ろうとして、どんどん不幸が寄って来る。(或いは幸せが遠退く。)
 幸せに成りたいなら、不幸になる手段を選ばない事、幸せの到来をブチ壊さない事。
 学ばない人は、このメカニズムが全く無知・無意識。
 学んでいるツモリの人は、自分の「使用前・使用後」の体験「御陰話」が語れない。
  認めん・感謝は嫌・不信・人の役に立つ事の側から考えない・育てる心が無い等。
  その人の実存たるbeからは、分離波動がバンバン放射されている。

心眼を開けば、物理次元と意識次元の因果のコンチェルトが見える様になる。

 即ち、人生が自在に切り拓ける様になる。(愛と自由が手に入らなければ価値なし。)
 マスコミ・メディアから流れ来る情報の悪影響がメカニズムから見えるだろうか。
  犯罪の温床は何処に・・・サラ金の宣伝・麻薬報道・娯楽番組のされ方etc.
 世の中の問題を人事と感じるか、人事ではないと感じるか。
 人事と感じる感じ方が、自ら分離側の意識・感じ方を無意識に強めて行く。
 分離側に在っては、集合意識の中で、自分は破壊的な意識の一部を構成している。
 集合意識の中に於ける、自分の出来る事は何か。
 集合意識の中に良きデータを発信する・・・自分として出せる愛の量は?
 一元性を見出せない者に救いは来ない・・・自分を救い切ってこそ人を助けられる。

全く無駄に終る、人を変えたい・人を変えようとする分離側での努力。
 「相手が変わってくれさえすれば自分は安泰」と感じる感じ方。(伊豆蘇生プログラム参照)
 「人の振り見て我が振り直せ」のマイナス発想者の解釈とプラス発想者の理解の違い。
 優れた人を見れば、我が振りは直す処だらけで有る事に気が付けるか。

人を賞賛する心が、自分の感性を拓く。(潜在意識は自他の区別が無い。)
 自分の能力は何故開花しないのか。
 自分より優れた人を妬む心。
 自分の心遣いは「生きている守護霊」的か「生きている悪霊」的か。
  その人が長生きします様に・より多くの作品を残してくれます様に。
  嫉妬を感じて、その人の才能を潰すメッセージを発信したい。

逆さまに働いている意識のメカニズムを詳細に理解しよう。
 死ぬ一週間前でも希望は持てる・・・その準備は為されているか。
 知れば知る程、喜びが湧く。

:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:


最後まで読んでいただきありがとうございます!


このおすすめ記事では、成功する為に役立つ

様々な概念・法則・原則などを伝えています。

一つ一つの記事をしっかりと繰り返し読み込んでください!

理解して、自分に身に付くまで♪

繰り返す度にあなたの中で概念などの理解が深まっていくと思います。

その蓄積が、あなたの一生の宝となるでしょう!

キーワードは
「分かってなお反復」です!


この記事を繰り返し読み込むことは、

成功へのエクササイズの一つ

そして、あなたの人生を花開かせる大きな力となります!!

さぁ、私と一緒に顔晴って学んで行きましょう!



成功

なんちゃんでした(。・ ω<)ゞ


 

詐欺商材撲滅のために応援クリックお願いします!



*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:

おすすめ記事一覧はこちら
 ⇒なんちゃんのおすすめ記事


おすすめ記事を最初から読む
 ⇒
01 知っていますか?誰も語らなかった成功する人の質 その1

前回の記事を読む♪
 ⇒
107 マスターの音声解説第六弾! 「心の冷蔵庫」

次の記事を読む♪

 ⇒109 マスターの音声解説第八弾! 「『統合と分離表』の見方」

スポンサーサイト



コメント
▼このエントリーにコメントを残す