FC2ブログ

プロフィール

なんちゃん

Author:なんちゃん
一人でも多くの人が詐欺商材にだまされないよう情報商材の裏情報や問題点を暴露!
そして、成功に役立つ情報を公開していきます!!

ブログランキング参加中!!



応援クリック
よろしくお願いします!

最新記事

カレンダー

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウント

Twitter

 

置き手紙♪



ご訪問ありがとうございます!

blogramによるブログ分析


RSS

意識の時代は与えまくる者が成功する 〜貪る者は衰退縮小して行く〜

こんばんは!

当サイトへご訪問いただき、ありがとうございます!


ネットが発達し、多くの情報があふれかえっている情報の時代・・・

世の中は、その情報の時代から新しい時代に変わっていこうとしています。

それは「意識の時代」です!


これからの時代を生き残る為に何を準備すればいいのか?

私達は意識の時代に備えて、潜在意識のメカニズムを理解し、

正しい歴史認識を理解する必要があります!

潜在意識のメカニズムを知り、正しい歴史認識を持つ人は情報を操る側に回り、

それを知らない人は情報の洪水に翻弄されて終わる人生が待っています。

「意識の時代」を乗り切る為に重要な情報をこれから伝えていきます!

今、連載中の「意識時代のビジネス」と一緒にぜひ読んで下さいね♪

これから来る意識の時代に備えて準備しよう!


 
ビジネスバナー 
応援クリックよろしくお願いします!

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。


《 意識の時代が来る! 05 》
意識の時代は与えまくる者が成功する
貪る者は衰退縮小して行く〜


人を盲目にして富を収奪し、利を貪る者は衰退する時代に入る。

何故なら、真実を求める人、本当の事が知りたい人が増え始めているからだ。

目覚める人が増える事によって、
真実の暴露は加速(百匹目の猿現象=1%効果)を迎える。

これからのトレンド(傾向・趨勢(スウセイ))を先読みし、勝ち馬に乗れ!


物質的にはある程度満たされた現代人は、精神的な価値を求め始めています。

昔は日本人はもっと大らかでした。

何故、社会は年々世知辛くなり、愛が冷めて行くのでしょうか?

そこにはそうなってしまうメカニズムがあります。

畑には、大雑把に見ると善玉菌悪玉菌大多数の日和見菌の3種類がいます。

この日和見菌というのは善玉菌が優勢になると、良い土作りに貢献しますが、

悪玉菌が優勢になると、何と、悪玉菌の助けをする様な、畑の作物にとって悪い働きをする様になります。

人間も同じです。

導き手が悪人であると、人々の顛倒夢想が利用されて、

社会の構成員である一人一人が悪のシステムの加担をします。

軍需産業然り、医療・製薬業界然り。ほとんどの一個人は、家族の生活を守る為に精一杯働いています。

しかし彼らが頑張れば頑張るほど、世界に戦争と死者と病気が作り出されるのです。

逆に導き手が真実を伝える人間であると、人々は目覚め、システムの不備に気付く様になります。



大衆の個人個人が抱える顛倒夢想と支配者の野望は、持ちつ持たれつです。

支配者の野望を果たして上げようと、大衆の顛倒夢想は自らを犠牲にして捧げ、大貢献をしているのです。

この仕組みに気付いて、修正するプログラムを発動しない限り、

今の支配者を仮に滅ぼす事が出来たとしても次の支配者が台頭して来るだけです。

何故なら、人々の方が支配者を求めるからです。

今までの支配者は、人々を意識的盲目状態にして置こうとします。

盲目状態にされている人々は、自分では何を如何したら良いか分からないので、

何かを指示してくれる人、つまり支配者を求めます。

人々が指示を求めて集まるので、支配者は力を持ちます。その力を使って、人々が目覚めない様にします。

現代社会はこの悪循環が完成しているのです。




貴方の、これからの時代に即した成功への決意が、この悪循環をぶち壊す!

一個人が世の中のシステムを変える事など出来ません。

しかし、自分自身は変えられるのです。

臭いドブ池に蓮は見事な花を咲かせます。

一切、ドブの臭いを付けずに。また雨や泥水も葉はコロコロと見事に弾きます。

人間も同じです。今の世間はちょうどドブに似ています。

しかし、そのドブの臭みや雨露の障害に影響される事無く、私達は素晴らしい自己実現の花を咲かせられるのです。

如何したら自分が花と咲けるのでしょう?

その為に必要な事は、自分の潜在している力の正体を知る事なのです。

潜在意識のメカニズムを学べばそれが分かります。

そして、社会の在り方の真実を歴史から知る事で、自分の立ち位置とこれからの方向性が定まるのです。

そうすると、如何したら自分が成功出来るかは、自然に見えて来ます。

そんな仲間がこの日本に100万人を突破したら、世界に向けて百匹目の猿現象1%効果 が起こります

一人でも多くの人に、ワナに落ちる前に「ワナが在る」と伝えましょう。


貴方に教えられ、または貴方が縁を繋ぐ事でワナに気が付いた人は、

どれだけ貴方に感謝する事になるでしょうか?


そんなワクワクを楽しめるのがポーラスタービジネス なのです。



奪う事を考える事から脱し、与えて成功する。
  ・・・価値の創造という事に付いて瞑想しましょう。


私達は、社会によって画一的なモノの見方を、押し付けられる様にして知らない内に洗脳されています。


価値とは、金銭的で物質的なモノであり、それを如何に手に入れるかと狂奔させられている訳です。


しかし、価値というモノは人によって千差万別です。

心の悩みで料金を払ってカウンセリングを受けるとしたら、

その料金は、そのカウンセリングという無形の価値に対する対価です。

カウンセラーは自らがスキルアップする事で、アドバイスという無形の価値を作り出せる様になった訳です。

その様に、人に与えられる価値というモノは物質ばかりでは有りません。

その人が知らない事を教えてあげるという事も立派な価値の創造です。

そこに気付けば、富は無限に創り出す事が出来る事が判ります。

チャンス追求型の人は、短絡的な結果志向なので形が無ければ何も因果なんて見えないのでしょうが、

原因を追究するなら、富を引き寄せる偉大な法則性がそこに在る事を見出せる様になります。

無形の価値を与えれば、総てではありませんが、ある部分は有形のモノに変換されて返って来るのです。

これって凄い事だと思いませんか?


元が只なら幾ら与えても減るものは何も無い事にも気付きましょう。見返りを願わず、与えっぱなしでいいのです。

その内の何割かは、勝手に、そして自動的にヒットして来ます。

まず信用信頼が生じ、その結果ビジネスにも繋がるのです。

だったら後は、如何に効率よく大量に配るか、如何に多くの人に与えるか、です。




ポーラスタービジネス は、誰にでもプレゼント出来る価値在るモノ(情報)がいっぱい!

マスターの用意してくれたフリーコンテンツは、貴方も既にご存知の事と思いますが、

その一つ一つがとても無料とは思えないほどの、即、実生活に役立つ価値在るモノばかりです。


マスター「ギブ&ギブでいいんだよ」と、いつも言うのです。

なるほど、マスターは言行一致の人です。

こんな事が真似出来る人はちょっと他には居ないでしょう。

でもマスターは私達にもそれが可能な仕組みを提供してくれました。

そしてその内容は、正にこれからの時代の先取り情報です。


当サイトを活用して、情報を発信すれば、貴方は無限に信用を獲得し拡大して行く事が出来ます。


貴方はブログを作って、当サイトの記事にリンクを貼り、それに付いての雑感を書くだけで、

貴方の見込み客は、貴方が当サイト全体を構築したのと同じメリットが得られるのです。


また「誰も知らなかった潜在能力開花法」を自分への連絡先を入れて
 CDに焼いて1000枚配ったら如何なるでしょう?


その原材料費はいくら?

そしてリストビルディングを図るには、「リストビルディング大百科」が在るではないですか!


価値在る情報というモノは、その受け手に拠っては何十万円、何百万円にもなるモノです。




貴方が、当サイト情報の価値に気付いてくれた様に、貴方が伝えた人が10人気付いたら如何なりますか?

そしてその10人のそれぞれがまた10人に取り囲まれたら、貴方はその時既に110人の販売網を持っているのです。

10000人の販売体制を目指しています。

上げられるモノをプレゼントしまくるのです。




 

応援クリックよろしくお願いします!


前の記事を読む♪
 ⇒ 04 支配の力は表舞台から裏へ~教科書が教えない世界の支配構造を知る~ 


次の記事を読む♪

 ⇒ 06 
断片的な事項として抑えておくべき、幾つかの重要なポイント~その1~




おすすめ記事はこちら♪

 ⇒
【まとめ】おすすめ記事(一覧)総合ページ


成功へのステップアップ!はこちら
 ⇒
【まとめ】成功へのステップアップ!(一覧)総合ページ


「弱者の成功戦略」無料メール講座紹介
 ⇒「弱者の成功戦略」無料メール講座 推奨記事 !

「弱者の成功戦略」紹介動画
 ⇒まとめ】弱者の成功戦略(一覧)総合ページ

 「弱者の成功戦略」無料メール講座
    お申し込みは、こちらから♪
弱者の成功戦略01

スポンサーサイト



コメント
▼このエントリーにコメントを残す