FC2ブログ

プロフィール

なんちゃん

Author:なんちゃん
一人でも多くの人が詐欺商材にだまされないよう情報商材の裏情報や問題点を暴露!
そして、成功に役立つ情報を公開していきます!!

ブログランキング参加中!!



応援クリック
よろしくお願いします!

最新記事

カレンダー

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウント

Twitter

 

置き手紙♪



ご訪問ありがとうございます!

blogramによるブログ分析


RSS

自己向上の知識や情報を極端に毛嫌いする人達がいます。

こんばんは!

当サイトへご訪問いただき、ありがとうございます!

  自己向上の知識や情報を極端に毛嫌いする人達がいます。

ネットが発達し、多くの情報があふれかえっている情報の時代・・・

世の中は、その情報の時代から新しい時代に変わっていこうとしています。

それは「意識の時代」です!


これからの時代を生き残る為に何を準備すればいいのか?

私達は意識の時代に備えて、潜在意識のメカニズムを理解し、

正しい歴史認識を理解する必要があります!

潜在意識のメカニズムを知り、正しい歴史認識を持つ人は情報を操る側に回り、

それを知らない人は情報の洪水に翻弄されて終わる人生が待っています。

「意識の時代」を乗り切る為に重要な情報をお伝えしていきます!

今、連載中の「意識時代のビジネス」と一緒にぜひ読んで下さいね♪

これから来る意識の時代に備えて準備しよう!



今ままでの「意識の時代が来る!」記事こちら
↓  ↓  ↓
【まとめ】意識の時代が来る!(一覧)総合ページ!

 
ビジネスバナー 
応援クリックよろしくお願いします!

*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。

《 意識の時代が来る! 20 》

自己向上の知識や情報を極端に毛嫌いする人達がいます


彼らにとってはそういう真実が、何故か身震いするほど嫌なのです。

それこそそれが、そういう種類の人達の顛倒夢想の為せるワザです。

しかし、無自覚なそういう種類の人達が、世の中に平均的に27%は存在します。



社会の成長を阻んでいる民衆の側の真の原因、その正体は何か?

なんと27%も!・・・結構多いのでビックリします。

                そして彼らは、為になる話からはこそこそ逃げ出します。

或いは、親切心でプレゼントしている何かの慰めに、その部分だけには、

心有る人のオーラを泥棒しに吸い寄せられて来るかも知れませんが、

真実を認識し何かに気付き始めた途端に、拒絶します。

それが嫌だというそれは、その人自身の勝手ですが、

それではその人の為にならないし、また世の中の為にもなりません。

真実を認識したらエゴの虚構が崩れるのを恐れ、「絶対認めん」と実に愚かな「砂漠のダチョウ」に徹している訳です。

どんな分野でも言える事ですが、そういうタイプはそのどこかで、誰かの足を引っ張る役目を背負っています。

迷惑な話ですが、本人も救われる事はありません。

このメカニズムが、存在する為、人類全体の意識の覚醒は遅々として、なかなか進まないのです。

人類全体から観ると、とてつもないブレーキ、進化発展の潜在抗力です。

個人個人は、それぞれ勝手にやっているつもりでしょうが、

それが集合すると人類全体としての顛倒夢想となってしまっているのです。

とんでもない事ですが、かと言って、当サイトの様な自主学習の世界では、強制する事も出来ません。

ならば、どうすれば良いのでしょうか?

これからもそういう種類の人達は、一定の比率で生まれ続けます。

因果の法則が在るからです。

では、その様なタイプの人には、いつどの様に救いが来るのでしょうか?



その答えを聞く前に、認識しておくべきとても重要な事が有ります。

意識は量の様なモノですから、個々に考えると同時に、

意識というモノの性質を「集合した全体」というモノとして捉える眼も養って下さい。

それは例えて、水やお金の性質にとてもよく似ています。

コップやバケツやプールの「水」は制御出来ますが、洪水や津波はどうにもなりません。もたらすモノは破壊と死です。

しかし、元は同じコップ一杯の水です。量が変わると、その働きとしての性質が全く変わるのです。

人類の意識もそれと同じなのです。あまりにも大量になると、働きとしての性質が全く変わるのです。

お金も同じですね。人々は欲しい物を手に入れる為にお金が欲しいのですが、支配者は違います。

連中はお金の発行権を持っているので幾らでも天文学的なお金を無から、作り出す事が出来るのです。

では、支配者にとっての「お金」とは何でしょうか?

 ・・・それはズバリ「支配」です。お金とは、彼らにとってのツール(道具)なのです。

    連中は、膨大な資金で経済に津波や洪水を引き起こして、支配を進めます。



意識も水もお金も、その量によって「働きとしての性質」が全く変わって来る事に着目して下さい。
これは高い視点を確立すると、自然に、心の視界に、それも「浮かぶ」様に、観えて来る様になる事です。

覚者や賢者が到達している「総ては一つ」「無双」等という認識は、それが「解る・感じられる」という事です。

意識が高くなって、永遠が見通せる様になって来ると、他人の不幸は人事ではないのです。

この認識が生まれない内は、まだまだ、自己中心的な心的態度だという事です。

それもその人の自由では有ります。

しかし、涅槃とか神の国と言われる覚者の悟りの境地、人間の辿り着く最高の心境が訪れる事は絶対に有りません。

心の成長が乏しく、視点が低いと、人は自分の事で精一杯と成り、

「全体から見ると何が如何なっているか」という事がさっぱり見えません。


意識の時代に置いては、衰退し、滅び行く魂です。

貴方にとって、他人の不幸は他人事ですか?・・・この質問は、貴方の意識の成長レベルを示します。

心の成長の乏しい者が、何の関係も無い人に突然「魔」となって襲って来る理不尽な時代になって来ました。

社会のシステムからはみ出し、自分では如何して良いか分らない自己中心的人間が、

いきなり赤の他人を地獄の道連れにするのです。

いつ自分達の愛する人が、その魔の手に係って被害を受けるか分りません。



個人では、どんなに頑張っても力が及ばない事が有ります。数の力を集めましょう。

しかし、意識のメカニズムを理解するなら「如何すれば良いか」が、見えて来ます。解決法はコレです!

人々の目覚めの「数の力」が変革をもたらします。何故ならそれには二乗的に力が形成されるからです。

集合した圧倒的な「幸せ」の量が、「自己向上の知識や情報を毛嫌いする人達」の不備を照らし出します。

丁度、水戸黄門の御印籠に、悪人達が平身低頭してしまうのと同じです。

反抗する輩には腕の立つ助さんと格さん、その他風車の矢七もお風呂に入る弓かおるも飛び猿も色々います。

八兵衛も頑張っています。

真実に目覚めた者が、辿り着く「幸福」のその圧倒的な数そのものが「自己向上の知識や情報を毛嫌いする人達」に、

有無を言わせない力として君臨する事になります。

愛の力は、その様な形で黄門様の様に権威を確立する必要が有ります。

何故なら、世の中は総て、「力」が支配しているのです。

現在はフォースという種の力の支配下に在りますが、やがてそれはパワーに取って代わります。

分離側の力はフォースですが、統合側の力はパワーです。

戦争はフォースですが、愛はパワーです。




27%の人達には「愛のパワー」による、本当の幸福と自由を、
ヒシと見せ付ける必要があります。


そしてこう言って上げるのです。

貴方も真実を求めて心の成長の為に訓練するなら、私達の様に幸せで自由になるよ。

 嫌なら今の貴方の苦しみが今後も死ぬまで続くだけだよ。それでいいの?
と。

時間は掛かりますが、この方向からしか解決の道は有りません。しかし、我々は真の解決法を発見したのです。

マスターは、その成就を41世紀にしています。でも私達が頑張ったら、

それは200年に縮むかもしれません。なんせ、IT(インフォメーション・テクノロジー)の時代ですからね。

 ・・・貴方は「愛ある人」ですか?

ならば、皆で数の力を集めましょう。

個別の力は実に「微細」であり、精々自分自身の事で精一杯です。




人の事を考える事が、結局廻り回って自分に返って来ます。

こういう事を口に出すは易しですが、そんな事が実際出来る様に成るには、本当の心のゆとりが必要です。

貴方は、日々本当にこころ安らぐ人生を過ごしていますか?

何か原因のはっきりしない不安心理、そして如何したら良いのか分らない焦燥感に責められていませんか?

 ・・・その解決策は目の前にあります!

ポーラスタープログラムを学ぶ者は、その心のゆとりを作り出し、

自分の問題で手一杯だった状態から次々と個別に脱出させます。

苦しみを作り出していた人生の謎が、自分の力で次々と氷解して行くからです。


:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。+☆+。゚


 

応援クリックよろしくお願いします!


前の記事を読む♪
 ⇒
 19  稼げるスキル、販売センスを育てよう~知識は知っただけでは使えない~
 ⇒


成功へのステップアップ!はこちら
弱者の成功戦略01

スポンサーサイト



コメント
▼このエントリーにコメントを残す