FC2ブログ

プロフィール

なんちゃん

Author:なんちゃん
一人でも多くの人が詐欺商材にだまされないよう情報商材の裏情報や問題点を暴露!
そして、成功に役立つ情報を公開していきます!!

ブログランキング参加中!!



応援クリック
よろしくお願いします!

最新記事

カレンダー

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウント

Twitter

 

置き手紙♪



ご訪問ありがとうございます!

blogramによるブログ分析


RSS

冒険したい人間集まれ! ~被支配からの脱出、独立して自ら思索出来る能力とは?~

こんばんは!

当サイトへご訪問いただき、ありがとうございます!
  
ネットが発達し、多くの情報があふれかえっている情報の時代・・・

世の中は、その情報の時代から新しい時代に変わっていこうとしています。

それは「意識の時代」です!


これからの時代を生き残る為に何を準備すればいいのか?

私達は意識の時代に備えて、潜在意識のメカニズムを理解し、

正しい歴史認識を理解する必要があります!

潜在意識のメカニズムを知り、正しい歴史認識を持つ人は情報を操る側に回り、

それを知らない人は情報の洪水に翻弄されて終わる人生が待っています。

「意識の時代」を乗り切る為に重要な情報をお伝えしていきます!

今、連載中の「意識時代のビジネス」と一緒にぜひ読んで下さいね♪

これから来る意識の時代に備えて準備しよう!



今ままでの「意識の時代が来る!」記事こちら
↓  ↓  ↓
 
ビジネスバナー 
応援クリックよろしくお願いします!


*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。


《 意識の時代が来る! 25 》

冒険したい人間集まれ!
~被支配からの脱出、独立して自ら思索出来る能力とは?~

自分は、洗脳など受けていないと思っているのが洗脳。

では、自分は「独立して自ら思索出来る能力」を獲得していると、
自信を持って断言出来ますか?

法則と自分自身を信頼して、そこが自分自身の判断の基準になっていますか?








人々が、自ら進んで被支配の牢獄に入る様に仕向けるのが、支配である。    強制無き支配。

洗脳が完成すると、自ら自分で進んで牢獄に入ってくれるのだから支配はとても容易くなります。

合気道の達人が相手の力で相手を封じ込める様に、

支配者は奴隷を支配するのに自らそれを望む様に世の中に、ちょっと仕掛けを作っておきます。

自分で、自ら自分を縛り付ける様にしておけば良いのです。

自分で自分を縛っていたり等していたら、いつまで経っても能力は発揮出来ず、自由は訪れません。

自分で自分を縛り付けるのは牢獄です。貴方はその自覚が有りますか?もし無ければそれが洗脳です。

支配者が人々を奴隷状態にし続けておくには、「ある感覚」を落とし込んでしまえば良いのです。

その「ある感覚」が自らの警察となって、ずっと自分の自由を見張り、その結果、支配者に奉仕します。

その支配を脱し、自由を得るには独立して自ら思索出来る能力が必須です。





さて、「独立して自ら思索出来る」とはどういう事でしょう?

思索とは考える事であり、考えるとは比較する事ですから、比較するには何か基準が要ります。

その基準が在ってこそ、それを元にあれやこれやと比較して思索が出来るという事です。

では、その「基準」ですが、何が基準になっているかという事が大問題です。

釈迦は「法と自己を島とせよ」と教えました。法とは法則、即ち原理原則です。

島とは流されない揺ぎ無いものと言う意味です。

原理原則とは、宇宙の真理であり、永遠に揺ぎ無いモノです。

人間は、原理原則を自分のセンターに落とし込み、且つ、そう判断している自分を信頼してこそ、

それを基にして「独立して自ら思索出来る」のです。

原理原則は、古今東西の覚者・賢者・偉人・成功者の教えの中に幾らでも有りますし、

潜在意識のメカニズムを理解する事で、確かにそれが宇宙永遠の真理、原理原則だという事が確認出来ます。

さて貴方は、原理原則の幾つかを見て来ましたし、知識として知りました。

それは落とし込まれてオートパイロット化したと言えるでしょうか?

それを元に自分自身の判断が出来ているでしょうか?

それとも支配者に洗脳され脳内に送り込まれた悪徳警察によって、未だ自由を束縛しているのでしょうか?



貴方は、自分自身でも善悪の判断基準を考えていますか?

何を善悪の判断基準として持つかを考える事は、とても重要な事です。

もし、貴方が、人々の為に社会システムを構築する立場に在るとしたら、法律をどの様に作りますか?

それは、潜在意識のメカニズムを理解して、物事は本来どう在るべきかと考えると観えて来ます。

マスターは次の様にテーゼを立てます。

善悪は、建設的か破壊的かその程度で決めるべきであると。

その他、それはどれだけ他の人を苦しめるか、メリットとデメリットのどちらが大きいか等を基準に、

徐々に考えの枠を広げて考えれば良いのです。




ところで、世の中の法律はどうなっているでしょう?

誰も迷惑を受けている人、それによって苦しんでいる人は誰もいないのに厳罰に取り締まられるモノが色々有ります。

果たして、それは本当に悪なのでしょうか?

そう考える事自体を考えていたでしょうか?


これを考えるに、まず警察の組織内組織は犯罪集団で利権組織である事は知っておかねばなりません。

ほとんどの人は、自分で善悪の基準等、考えもしません。

警察が取り締まる事は悪だと認識する条件付けが完全に出来上がっているからです。

警察が取り締まるから悪・・・果たしてそうでしょうか?




支配者は、人々を本人自身の内側から支配する為に「規範」を決めます。

規範を決めるとは、「これは良い事、これは悪い事」と決めて行く事で、それは支配者の勝手です。

人々は、支配者によって「これは良い事、これは悪い事」として「する事=doing」を決められます。

それは人の目が気になる様に条件付ける為です。

 ・・・何の為にでしょう?

 ・・・支配者の決めた「これは良い事、これは悪い事」は、

    真実を知る人々の心から自発的に生まれたモノではありません。

しかし規範の中は善で、規範の外は善ではないと見做されます。

常識は常に覆され続けるモノだとは教えません。

規範の中と言う常識から外れる奴は「オカシイ」のです。

支配階級の精神的奴隷として隷属し続ける様洗脳された人々は、

規範から外れそうになると、普通と見做されなくなるのを恐れます。

既にその洗脳を受けた親も、子を支配したい時には、

善悪の基準を諭す事も無く「そんな事をしたら人が笑う」と脅します。

判断基準が、理を考えさせた処からの原理原則に拠るモノでも、自分を信じるモノでもありません。

判断基準を「他人」にせよ!と言っているのです。それは即ち「自分を信じてはいけない」になっています。

そしてその「他人」の判断基準とは、元を辿れば支配者が決めた「規範」なのです。

こうして隷属奴隷の第一条件、人の目が気になるという洗脳が完成します。

その人にとっての判断基準は常に他人であり、本当はしたら良い事でも、

他の人がしない様な事なら、常に人の目が気になる潜在的な恐怖のブレーキが掛かり続けています。

そしてこの感覚は育ちます。




貴方の判断基準は「原理原則」ですか、それとも「人の目」ですか?

冒険したいのに何故か出来ない、思う事が思う様に言えない、

こんな事を言ったらどう言われるだろう、こんな事をして巧くいかなかったら何と言われるだろう?と、

在りもしない恐怖に慄(オノノ)くのです。

認識の第四段階に落とし込まれてオート化している判断基準は「原理原則」では無く、「人の目」です。

この在りもしない「人の目が気になる」牢獄から脱出しましょう。

「人の目が気になる」判断基準と「原理原則」判断基準は、

分離と統合で相反しますから、「人の目が気になる」判断基準がある限り、

同類親和の法則が働いて「原理原則」を弾き返し続ける事になります。

どんなに頑張っても「原理原則」がセンターに落とし込まれません。

「独立して自ら思索出来る能力」は「原理原則」を落とし込んで、

それが自動化してこそ開発される能力です。


洗脳解除の魔法の言葉

 ・・・
人は人、自分は自分、言いたい奴には言わせておけ。

    というアファーメーションを落とし込み、自動化させましょう。


「人の目が気になる 」という、今までそれが牢獄だとは考えても見なかった、

一番最悪の心の牢獄から脱出しましょう。


意識の時代は、人生の素敵な冒険がここから始まります。

:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。+☆+。゚

 

応援クリックよろしくお願いします!


前の記事を読む♪
 ⇒
 24 覚者への道~涅槃・無為へのアセンション(次元上昇)テクニック~
  
 ⇒


成功へのステップアップ!はこちら
弱者の成功戦略01 

スポンサーサイト



コメント
▼このエントリーにコメントを残す