FC2ブログ

プロフィール

なんちゃん

Author:なんちゃん
一人でも多くの人が詐欺商材にだまされないよう情報商材の裏情報や問題点を暴露!
そして、成功に役立つ情報を公開していきます!!

ブログランキング参加中!!



応援クリック
よろしくお願いします!

最新記事

カレンダー

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウント

Twitter

 

置き手紙♪



ご訪問ありがとうございます!

blogramによるブログ分析


RSS

智慧の世界 2 ~「立ち向かおうとする意識に立ちはだかる潜在的恐怖」~

 こんばんは!

当サイトへご訪問いただき、ありがとうございます!
   
智慧の世界 2 ~「立ち向かおうとする意識に立ちはだかる潜在的恐怖」~ 

ネットが発達し、多くの情報があふれかえっている情報の時代・・・

世の中は、その情報の時代から新しい時代に変わっていこうとしています。

それは「意識の時代」です!


これからの時代を生き残る為に何を準備すればいいのか?

私達は意識の時代に備えて、潜在意識のメカニズムを理解し、

正しい歴史認識を理解する必要があります!

潜在意識のメカニズムを知り、正しい歴史認識を持つ人は情報を操る側に回り、

それを知らない人は情報の洪水に翻弄されて終わる人生が待っています。

「意識の時代」を乗り切る為に重要な情報をお伝えしていきます!

今、連載中の「意識時代のビジネス」と一緒にぜひ読んで下さいね♪

これから来る意識の時代に備えて準備しよう!



今ままでの「意識の時代が来る!」記事こちら
↓  ↓  ↓
 
ビジネスバナー 
応援クリックよろしくお願いします!


*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。


《 意識の時代が来る! 28 》 

智慧の世界 2
~「立ち向かおうとする意識に立ちはだかる潜在的恐怖」~

分離側の質というモノは意識の光を当てると消えて行く。

潜在抗力に出くわしても、それに抗う事無く、理の理解のみを求めよ。

理の理解こそ、潜在抗力を消滅させる方法です。



「立ち向かう意識」を持つ事の重要性は認識したが、それにブレーキを掛けるモノの正体。

「立ち向かう意識」を持つ事の重要性は認識しても、

殆どの人は「では直ちに、自分はこれから総てに立ち向かうぞ!」と決断は、なかなか出来ないモノです。

 ・・・何故でしょうか?

 ・・・そこには、潜在意識のメカニズムから理解しないと、ほとんどの人が見逃す、

    幾つかの知っておくべき、重要な要因が有ります。

まずそこには、doingという現実の世界で、チャレンジして失敗した苦い経験が、既に何かの形で自動化しています。

それ故に、現実とイメージの違いの区別の付かない潜在意識は、

イメージから出発しているbeingの世界のチャレンジにも「決意決断」という事に二の足を踏ませているのです。

そしてこれがループに成っているのです。

しっかりイメージして、理屈を理解して下さい。分れば簡単な事です。

例えて、「決意決断」こそ、ワープロで文字を打ち込んだ時にそれを確定し、決定するエンターキーなのです。

「決意決断」というエンターキーを押さない限り、それは決定されません。

どんなに長々と文字列を打ち込んでも、保存する事も出来ないので、パソコン終了時に総て消えてしまいます。

認識する事に付いてもそれと同じです。

「あっそうか!なるほど。」は例えて変換キーであり、

その理解によるそれを習得しようとする「決意決断」は、確定のエンターキーなのです。

①「あっそうか!なるほど。」までも届かない、理の理解出来ない人は反復を重ねる事です。

そして②「あっそうか!なるほど。」と理の理解が表面的には出来たけれども、

その理解を元にそれを習得しようとする「決意決断」というエンターキーが押せない人。

何も心配有りません。

勇気は常に試されているという状況は有りますが、それが直ぐに超えられないとしたら、

その人にとってまだそのハードルが高過ぎるという事です。

もっと因数分解すれば良いのです。




ここではまず、潜在意識は現実とイメージの違いが区別出来ないという原理を思い出しましょう。

そして、それから自分の状況・状態を観察するのです。そこには誤った観念や、イメージ的結論が落とし込まれ、

そしてそれが潜んでいるだけですから、それを発見して意識の光を当てれば、それは消えてしまいます。

ここで理解すべきは、「doingという現実の世界で、チャレンジして失敗した過去の苦い経験」が、

イメージから始まるbeingの世界に持ち込まれているという事です。

それ故に、beingの世界に於いても「決意決断」に二の足を踏ませる様、潜在意識が強力にストップを掛けるのです。

これは潜在意識の中で、何らかのデータが自動化するという事と、

潜在意識の力は顕在意識の力を遥かに凌駕するという事を確認出来る一面です。

ここでは、二度と苦い失敗を繰り返さない為に「決意決断をするな」とでもしているイメージ的結論です。

潜在意識は現実とイメージの違いが区別出来ないので混在しているだけです。

ここを切り離す理解を顕在意識から改めてインプットすれば、

潜在意識はメカニカルな働きそのものですから、入れられたデータ通りに働き始めます。

我流で抗えば、墓穴を掘る事になります。




Doingという実践に入る前にbeingを整える事こそ重要だという事は今まで充分述べて来ました。

Doingという実践に於いては、失敗が起こる事も有るでしょうから、

過去の苦い経験により、これからの「決意決断」に二の足を踏む事も理解出来ます。

しかしそれはdoingの世界の話です。

Beingが整っていなかったからこそ、doingが巧くいかなかったのです。これを覚え続けていましょう。

Beingが整っていれば、doingはきっと巧くいっていた筈なのです。

それをその時知らなかっただけです。

Doingは現実世界、beingはイメージの世界ですね。

それが理解出来るなら、放っておくと勝手に「現実とイメージ」を混在させている潜在意識を、

その性質を逆手にとって、逆に操るというか、正しくコントロールする事が出来ます。

混在している無意識化した認識を、その状況を的確に説明する当解説の様なガイドに従って、

一旦取り出し、切り離してインストールし直せば良いのです。   説明は複雑ですが、やり方は簡単です。

「そこがそうなってる」という仕組みを理解し、

それに「得する事は快、損する事は不快」と認識し直してしまえば良いだけなのです。

そうすると、後は潜在意識が引き受けます。具体的なやり方を述べましょう。

まず、「決意決断」に躊躇する人は、過去の現実世界で何かを「決意決断」する事によって生じた苦い経験により、

「決意決断」する事無く、流れて生きる方が良いという観念を無意識に形成してしまいました。

そして、現実とイメージの違いが区別出来ない
潜在意識は、doingとbeingを混在したままです。

そんな状態には、ここで潜在意識に新たなデータをインプットする必要が有ります。

それには潜在意識が、その様に働いているという理の理解からです。

それは例えて、流れている水に衝立(ツイタテ)を立てて、その水流の方向を変えるだけでいいのです。

潜在意識は入れられたデータ通りに、実に忠実に働いています。

そして例えのその衝立とは、「beingに於ける原理原則の理解を落とし込もうと決定する『決意決断』には、

失敗など在り得ない」という理解です。

Doingの巧く行かなかった経験を、次元の異なるイメージ主体のbeingに持ち込んでいるから可笑しく成っているのです。

その単純なミスに気付いて下さい。

それをその様に理解すれば、潜在意識はそれをそのままストレートに受け取って、その様な心境を作り出すだけです。

水流の向きは変わります。

潜在意識は、損得の判断が出来ませんから、自分にとって如何に損する事でも、入れられているデータに従うのです。

意志の力を遥かに超えるのが、意識の力です。

自分のとっている言動想念を醒めて観察するのです。

自分自身こそ、自分の主人で無ければなりません。

その主人が眠りこけていてはいけません。





言葉は、力を持っています。ヨハネの福音書には「言葉は神なりき」とまで書かれています。

Beingに於ける原理原則の理解を落とし込もうと決定する「決意決断」には、失敗など在り得ない。 」

この快なる命題を落とし込んで自動化させたらいいだけです。

潜在意識は、そういう命題が与えられると、その様に判断する様になります。

二の足を踏ませていたロックは解除されます。ポイントは理の理解です。

Beingに於ける原理原則の理解を落とし込もうと決定する「決意決断」には、成功しかないのです。

この様な命題は思い込む事から始めて構いません。

それは真ですし、繰り返していると、信じられる様になって来ます。

後は、原理原則を落とし込む決意決断をどんどん進めるプロセスに入れば良いのです。

:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。゚+*:;;;:**:;;;:*゚。+☆+。゚

 

応援クリックよろしくお願いします!


前の記事を読む♪
 ⇒
 27 智慧の世界 1~ 「それは、問い掛けるだけで閃いて来るインスピレーション」~
  
 ⇒


成功へのステップアップ!はこちら
弱者の成功戦略01 


スポンサーサイト



コメント
▼このエントリーにコメントを残す